前へ
次へ

スキンケアの決め手は化粧水

美肌作りの基本はスキンケアにあるということは、女性の多くが認識しているところですが、そのための手段が分からずに多くのコスメを使ったり、あれもこれもとジプシーを繰り返しているという人が多いのも事実です。その人に合った方法を見つけることも大事ですが、あらゆる肌悩みの根底にあるのが水分不足であることを考えると、どのように水分を補うかがもっとも重要だと言っても過言ではありません。肌に水分を補う方法としては、化粧水を使うという選択肢とオールインワンと呼ばれる保湿をはじめ、潤いを閉じ込めるための油分となる肌の表面に膜を張るための乳液やクリームの役割を併せ持つタイプのどちらかを選ぶことになるでしょう。どちらにもメリットとデメリットがありますので、よりメリットが多く、デメリットの少ない方法を選ぶことが大事ですが、その見極めは実際に使ってみないことには分からないのも実情です。そこで、両者を比較検討しながら自分に合った方法をチョイスすることになります。化粧水を保湿の方法に選ぶのであれば、油分を補うための乳液やクリーム、オイルなどが必要です。どれだけ肌にたっぷりと水分を与えたとしても、肌から水分はどんどん蒸発していきます。そのため、蒸発を防ぐいわゆる蓋の役目を果たす油分が欠かせません。どのくらいの化粧水を使えばいいかという目安は、角質層に水分がたっぷり蓄えられると肌がひんやりするという特徴を知っておくとよいでしょう。500円硬貨くらいの量を手のひらにとり、肌に押し込むようにしてプレスします。これを3度ばかり繰り返すと肌がひんやりしてきますので、十分に水分がいきわたったといえるでしょう。この状態になったら、すぐに油分で蓋をして水分を閉じ込めます。オールインワンタイプなら、一度塗るだけで保水と油分での膜を同時に完了できることから、たっぷり塗ることでスキンケアが完了する時短ケアが特徴です。どちらがよりメリットが多い方法なのかは実際に試してみて、さらに肌の状態とも比較すれば、化粧水による方法か、オールインワンで行うかのスキンケアの方法が決まります。

海外セレブに大人気のダイエットサポートドリンク
200種類以上の「植物・果物発行エキス」・約4,000億個の「乳酸菌」・植物由来の「食物繊維」が豊富に含まれています。

Page Top